世界一受けたい授業 肥満遺伝子

「世界一受けたい授業」でも肥満遺伝子が取り上げられていました。
ここでは日本人に多い3つのタイプの遺伝子とその特徴、体型が紹介されていました。
下記がその3つの特徴です。

β3AR

別名:リンゴ遺伝子型
内臓脂肪が増えやすく、体型がお腹が太りやすい為にリンゴ型と呼ぶようです。
日本人の約34%がこのリンゴ遺伝子型で糖分の代謝をしにくいタイプです。
その為に、ご飯やパンなど糖質の摂取には注意が必要です。
おすすめの食事の順番は「野菜」⇒「肉、魚」⇒「ご飯」

UCP1型

別名:洋ナシ遺伝子型
皮下脂肪が太りやすく女性に多いタイプ。
下半身がポッチャリするので洋梨型と呼びます。
日本の約25%がこのタイプで脂質が要注意です。
おすすめの食事の順番は「野菜」⇒「ご飯」⇒「肉、魚」

β2AR

別名:バナナ遺伝子型
日本人の15%しかおらず、食べてもなかなか太れないタイプです。
毛足が長く細く、筋肉がなかなかつかないのでバナナ型と呼ばれます。
おすすめの食事の順番は「肉、魚」⇒「ご飯、野菜」
タンパク質をたっぷり食べるのがおすすめです。

 

こうしてまとめてみると遺伝子のタイプによって、かなり違う事がわかります。
ダイエットを目的にしている方には肥満遺伝子の影響はかなり大きいですね。

肥満遺伝子検査キット 人気ランキング

5種類の肥満遺伝子を検査し、10種類の肥満タイプを診断してくれる検査キットです。
この診断から「必要な栄養素」「太りやすい食品」「適している運動」などあなたにとって最適なダイエットパターンを243種類の中から選んでアドバイスしてくれます。
検査、診断、ダイエットまでを一貫してアドバイスしてくれるので、とても便利」とユーザーから評判の検査キットです。


⇒ DNA SLIM 公式ページ
コストパフォーマンスが非常に良い」と評判の検査キットです。
33種類の動物に例えてレポートしてくれます。
食生活、ライフスタイルなどの項目に分けてレポートが作成されます。
結果はスマホのアプリでも確認できるのでいつでも簡単にチェックできて、とても便利です。
また、トレーニングや体重、体脂肪などを管理できるアプリでサポートしてもらえるのも魅力の一つです。


⇒ 遺伝子博士 公式ページ
ジーンライフ
世界最多の360項目の解析してくれる本格的検査キットです。
肥満タイプだけではなく、病気リスク、肌タイプなども教えてくれます。
ダイエットだけではなく、トータルで自分の身体を見直すにはとてもおすすめです。
ただ、他の検査キットに比べると高価なのがネックです。


⇒ ジーンライフ 公式ページ